1)      ルカ12:35 イエス様は言っております:腰に衣を着け、亭主が戻る時、準備の出来ているしもべのように、してなさい。もし、亭主が、いつ泥棒が忍び込むか知っていたら、準備していたでしょう。同じ用に、主の再臨に準備していなさい。亭主が帰ってきて、準備が出来ているしもべは、祝福されている者です。もし、しもべは、準備できていなければ、彼が、油断している時に戻り、真っ二つに切り裂き、叩くかれます。

2)      イエス様は、準備していて、期待している者たちに特別な祝福を、与えます。エアー・バスのように、我々は、教会をエアー・バスが、拾いに来るのを、楽しみに待っているでしょうか?第2テモテ4章:彼の戻りを愛する者には、正義の王冠を裁判官は、与える。タイタス2章13節:主の現れる祝福された希望を求めて。フィリペ3章20節:我々の市民権は天にあり、期待を持って待つ。第1コリント1章7節:楽しみにイエスを待つ。ヘブライ9章28節:楽しみに待つ者に、彼は、現れる。

3)      何人知っているクリスチャンの中で、楽しみに主の再臨を待っていますか?非常に少ないです。楽しみに待っているのと、彼の再臨に恐怖を持っている人たちは、直ぐ、分かります。そうであるべきではありません。我々は、楽しみに待っているべきです。私は、医療ミッションから、娘が帰って来るのを、楽しみに待っています。それが、私たちの態度であるべきです。主に、「何故、もっと、貴方のお帰りに関して、予言を与えて下さらなかったか」とは、言えません。ここに沢山あります。

4)      糖尿病やガンの警告のサインは、あります。その警告のサインが見えても、お医者さんに行かない男たちは、多いです。真実が怖いのです。我々は、火山、地震、竜巻が見えます。

5)      私は、オーストラリアで帰りにタクシーに乗っておりました。運転手は、竜巻を指差してくださいました。とても、大きく、核爆弾のように見えました。不気味でした。その時、気が付いたのです。もしかして、こっちに向かっていないのか?後で、思った事ですが、もし、直撃していたら、どうなっていたでしょうか。

6)      主の再臨の近さを示す3つの大事な聖書箇所があります。第2ペテロ3章:主は、誰も滅びずにに、全てが悔い改める事を、望んでいます。第1テモテ2章:神様は、全ての人が、真実の知識を得て救われる事を願っています。ルカ17章:彼の戻りは、ノアや、ロットの日と同じで、最後の最後まで、神様はノアとロットを、取り出すのを待ちました。彼は、教会を、引き出すのに、最後まで待ちます。もし、私たちは、トリブレーションの時代の7つの印が、今現在見えるのであれば、どれだけ、主の再臨が、近いか、示しております。

7)      再臨の前に、もう、見えている物:平和条約への動き、トリブレーションへ3.5年入った時に神殿は再建設されますが、それの準備、エゼキエル書38節の予言の始まり始め、反キリストの現れ、「破壊を起こす冒涜」、世界中へ福音が伝われる、そして、最後が来る。これら、徴は、この数年の間に起こってきております。これら全部が、一緒に同時に怒る確立は何でしょうか?その確立は、何十億でしょう。それは、何がいつ起きるかを、教えて下さる神様がいない以上です。

8)      イエス様は、彼の帰りを知って欲しかったのでしょうか?もし、そうでなければ、何故、これら全部予言を、与えて下さるでしょうか?私は、常に、何をではなく、何故と言う質問をします。多くの牧師は、聖書予言は、現代では、関係ないという方がおります。 もし、ロスから、飛行している時、ある、パイロットたちは、気流の警告をして、シート・ベルトをするように、いいます。ある、パイロットたちは、警告しません。もし、嵐の中に、向かっているのであれば、船長に、忠告して欲しくはないでしょうか?レーダーを読み取り、警告して下さる牧師を、持っていて、皆様は、嬉しいではないでしょうか?多くの牧師は、気付いてなく、警告をしておりません。

9)      ルカ12章:イエス様は、貴方たち偽善者は、気象を予測できるが、何故、時代の徴を知らないのでしょうか?なので、見分けるのは、とても、重要です。ですので、もし、その徴が、今日、我々は、見えるのであれば、私たちは、何を、しているべきでしょうか?ルカ17章では、イエス様は、ロットの妻を思えだしなさいと言います。ロットの妻は、世界へ振り返りました。我々は、世界へ、とても、ゆるい繋がりを持つべきです。ラッパが鳴り、天国に引き上げられた時に、私たちは、スーツ・ケースは、持っていけません。我々は、主の働きをしているべきです。彼に仕えている事。

10)  これら予言は、里程標のような物です。道の上では、どれくらい進んだかを教えて下さいます。もし、マラソンを走っていれば、最後まで、どれだけ近いか教えて下さいます。主は、貴方に、どれだけ進んでいるか、里程標を与えて下さったのです。我々は、トリブレーション時代の徴が見えるので、お互い同士、励まし、慰める必要があります。

11)  黙示録6章:平和条約が署名され、7年間のトリブレーションが、始まった後、4匹の馬を、見ます。初めは、反キリストの白い馬が、現れます。次に、エゼキエル38章か、イザヤ書17節か13節の戦の赤い馬が現れます。その次は、超インフレの経済の裁きである、黒い馬。最後に、地上の動物が齎せる疫病の灰色の馬です:スワイン・フルー、狂牛病、SARS、エイズ、モンキー・ポックス、など等、今まで、既に動物からの疫病が、現れております。

12)  1991年の湾岸戦争が、始まった時、イラクは、クエートを攻撃し、連合軍が、救助に来ました。ある友達が、その時着て、これは、アルマゲドンか、私に聞きました。まだ、いくつかの事が、起こらなければいけないので、私は、「違う」と答えました。例えば、先に、平和条約が、結ばれ、腕かおでこに「666」が、与えられなかれ場いけないし、などなど。彼は、「アルマゲドンが始まる前に、教えてくれ」と言いました。私は、「その時には、私は、もう地上には、いないよ」と答えました。彼は、只、逃げたいだけです。しかし、逃れる方法は、一つだけ、それは、キリストを持つ事です。

13)  何が、今、起ころうとしているのか?今日のニュースで、オバマ大統領は、彼の第1任期の内で、平和条約を実現すると言っておりました。反キリストのみが、平和条約に成功でき、経済問題を解決し、皆に「666」の徴を、与える事が、出来ます。それは、彼の力ではなく、悪魔の力を使ってです。

14)  アミール・ツァルファティ氏(Amir Tsarfati)は、2007年に、イズラエルは、シリアの核兵器施設を爆撃したといっておりました。イズラエルは、もしか、シリアが、又、イズラエルを、核兵器で攻撃しようとしたら、今度は、シリアを、全滅させるといっておりました。預言者イザヤの予言が、先に見られるでしょうか?イズラエルは、もう、国連にはうんざりしていて、国連決議を待つ、つもりはありません。5月31日に、イズラエルは、歴史上最大の軍事演習を、実行しました。演習を、する時、2年先の為には、しません。とても、間近な事に演習をします。百機の戦闘機が、イズラエルからイランまでと同じ距離を、地中海の上を飛びました。彼らは、世界が、守ってくれない事を知っております。アメリカは、守ってくれません。オバマ大統領は、イズラエルに、住宅を、作ってはいけないと、強い請求をしております。イズラエルは、アメリカに、イランの事を、何かしないといけないと言っております。彼たちは、もう既に、ヒットラーと言う、気の狂った人を経験しており、今度は、イランの大統領である、マフムード・アフメディネジャッドを、相手にする気は一切ありません。1981年に、イラクのサダム・フセインが、イズラエルを、核兵器で、イズラエルを、世から消すと、脅した時に、彼たちは、イラクの核兵器施設を破壊しました。2007年にも、シリアの核兵器を破壊しました。生き延びる為には、彼たちは、自分を守るしか選択はないのです。

15)  殆どの専門家は、彼たちは、イランの核兵器を、消すしか選択はないと言っております。オバマ大統領のハマスとヘズボッラが、イズラエルと一緒に隣同士に暮らす計画は、実現不可能です。なので、何か、大事が起こらないと、聖書が、予言するように、イズラエルは、防御を、下ろす事が、起こりません。最近の軍事演習で、イズラエルは、四方八方からミサイルが、入ってくる事を予想して演習したと言っております。イズラエルの人々は、準備が、出来ているのです。彼には、先制攻撃しか、選択は、ないのです。

16)  皆様は、目を覚まして、周りで何が、起こっているのか、気が付く必要があります。教会の中の人たちは、分かっていないのです。先週ガソリンの値段が、急上昇しました。何故、石油とガスの値段が上がっているのか?市場は、何か、大事が、起こる事を、感じ取っているのです。イズラエルが、攻撃してきたら、イランは、フォルムースの海峡を、塞ぐと言っております。世界の半分の石油が、止まってしまいます。そうすれば、石油の値段が、飛び上がる事を知っているのです。

17)  シリアが、ここでの、化け札です。イザヤ書17章は、ダマスカスは、廃墟となると書かれております。歴史上一回も、シリアは、破壊された事は、ありません。イランは、腕であり、シリアは、手であり、ハマスとヘズボッラは、指です。シリアは、イランの操り人形です。シリアは、科学兵器・細菌兵器を、持っております。ブッシュ大統領は、大量破壊兵器をイラクの中で見つけませんでした。専門家たちは、大量破壊兵器の殆どは、シリアに、トラックで、運ばれたと言っております。イズラエルは、もし、シリアが、それを、使えば、シリアを、全滅させると忠告をしております。それが、イザヤ17章で、シリアが、絶滅する理由でしょうか?

18)  今まで、長い間に渡って、平和条約を結ぶ試みがされてきました。しかし、実現されません。なので、私は、限られた核戦争が、起こると思います。これが、イズラエルと、アラブの国々を、平和の卓に強制的に付かせます。

19)  ルカ17章:災害が来る時、皆は、普通のように振舞っているでしょう。災難が起ころうとしているのに、人々は、何も起こっていないように、生きております。

20)  銀行崩壊は、9千万人を、貧困に強制しました。アメリカは、企業・個人・政府の借金が、56兆ドルです。アメリカ・ドルは、下落しました。1996年に私は、ゼミナーを、しました。私と多くの人は、現金なしの社会、デビット・カード制になると、言っておりました。我々は、変が必要ですが、変化は、完全な大混乱の中でしか、起こりません。2008年10月ダウ・ジョーンズ市場は、一千五百ポイント下落しました。面白い事に、これは全てオバマの選挙で起こったのです。我々は、未だかつて、最も、同性愛賛成、中絶賛成、最も、反イズラエルの大統領を、投票したのです。そして、その我々の行動・決断の嵐の結果、報いているのです。創世記には、イズラエルを、祝福する者は、祝福され、イズラエルを、呪う者は、呪われると書かれております。我が国は、悔い改める必要があるのです。オバマ大統領は、イズラエルを箱に閉じ込めているのです。アメリカは、イズラエルに、ガザ・ストリップの地を、パレスチナに、引き渡すように強制しました。その結果、イズラエルは、平和を得る事なく、逆に、何千という、ミサイルが、打ち込まれて来ております。アメリカは、イズラエルに対してやっている事の結果を報いているのです。イズラエルは、アメリカに頼る事は、出来ません。この次の何ヶ月で起こる事は、とても、真剣です。それまでには、我々は、地上にいない事を、願っております。

21)  先程アメリカドルが下落したと言いました。ブラジルと中国は、貿易やり取りに、アメリカ・ドルの代わりに、自分の通貨をこれから使うそうです。2009年4月中国とインドの車の売り上げが、30%~35%上がりました。あまりにも大量の車を、生産している為、地面から石油をくみ上げきれません。先月まで、中国は、十一億台の車を売っており、毎日、何万台と足しております。 アメリカは、世界の人口の5%以下で、世界の25%の石油を、使っており、イズラム諸国は、それに気付いており、石油を供給し続けております。オバマは、税金逃れを、厳しく取り締まると2009年5月4日に発表しました。先程、現金なしの社会の事を、言いましたが、政府は、現金を、無くす事で、税金を逃れている人たちを、コントロールできるようになります。政府は、この現金なしの制度を導入する理由として、麻薬や、売春や、強盗や、世界の問題への解決の答えとして、掲げる事が出来ます。新しい、アメリカ、カナダ、メキシコの通貨で、アメロの話が出ております。中国とロシアは、最近、世界銀行の発行元の国際通貨がを、アメリカ・ドルの代わりになるよう、要求しております。去年は、不可能に思えましたが、しかし、来年は、実現可能になってきました。全てが、将棋倒しの法則で起こってきております。反キリストは、これら全ての問題に、世界経済を答えとして、掲げます。

22)  私たちが、世界政府、世界経済、世界宗教の事を話すと、我々を、気が狂ったと思われました。しかし、全ては、将棋倒しのように、起こっております。ごく最近まで、トルコは、同盟国でした。しかし、今は、反イズラエルです。前は、このトルコを含む連合が、イズラエルを攻撃すると言いましたら、そんな事はあり得ないと、皆、言われました。しかし、今は、エゼキエル38章の予言の国々は、一緒に、集合して来てます。

23)  1982年我々は、レバノンの上に、進軍してきたイズラエル軍の戦闘機が、見えました。その時、捕まった書類の中から、イズラエルを攻撃する、ロシアの計画書が、発見されております。まだ、時期が、来ていなかったので、神様は、そのロシアの攻撃を止めました。しかし、今は、教会は、まもなく、天国に、引き上げられ、イズラエルは、偽の平和条約を署名しようとしているので、ロシアの攻撃は、いつ起こっても、おかしくないです。

24)  最近、人気になってきている、他宗教受け入れ思考で、世界宗教を設立する準備がされております。過去には、世界宗教を作る話は、人々しませんでした。スタンフォード大学で、二百人のあらゆる宗教団体の代表が、世界の全ての宗教によっての憲章を作りあげました。1993年から、世界宗教を、作る、ネットワークの設立の努力がされてきました。これらは、反キリストが、世界宗教を作るための道を、開くためです。

25)  全ての予言が、いっぺんに、集まってきております。イラクが、クエート侵略した時に、新しいバビロンが、建設されている事実に付いて本などが、書かれました。黙示録6章では、赤い馬が戦争を起こします。この最後のバビロンが、どこになるかは、分かりません。アメリカが、引き上げても、イラク戦争は終わりではありません。サダム・フセインは、バグダッド南に、ビジネスのメッカになる、街を、古代バビロンの町に、作っておりました。このバビロンの町は、黙示録では、破壊される事が、記されております。